担当課: 住民生活課

マイナンバーとは?

平成27年10月から日本国内の全住民に通知される一人ひとり異なる12桁の番号を『マイナンバー(個人番号)』といいます。個人が特定されないように、住所地や生年月日などと関係のない番号が割り当てられます。また、法人には1法人1つの法人番号(13桁)が指定されます。


マイナンバーとは?

マイナンバーはどのようなことに使われるの?

マイナンバーは、住民票を有する全ての方一人一つの番号を付すことで、社会保障や税、災害対策の分野で効率的に情報を管理して、複数の機関に存在する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。また、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平公正な社会を実現する社会基盤となるものです。


マイナンバーはどのようなことに使われるの?

マイナンバーはいつわかる?

平成27年10月から、住民票を有する皆さん一人ひとりに12桁のマイナンバー(個人番号)が記載された「通知カード」が送付されます。
マイナンバーは基本的に一生変更されませんので、大切にして下さい。
さらに平成28年1月から、社会保障・税・災害対策の分野の中で、法律や条例で定められた行政手続きにマイナンバーが必要になります。各種手続きなどで申請書等に記載を求められることとなります。


個人番号カード

マイナンバーの取扱注意点は?

マイナンバーは手続きのために行政機関等に提供する場合を除いて、むやみに他人に提供することはできません。また、他人のマイナンバーを不正に入手することや、他人のマイナンバーを取り扱う者がマイナンバーや個人の秘密が記録された個人情報ファイルを不正に提供することは、処罰の対象となります。



もっと詳しい情報については

さらに詳しい内容を知りたい場合は、以下のような各種ページをご覧ください。


政府広報オンライン


内閣府 マイナンバー(社会保障・税番号制度)


総務省 マイナンバー制度と個人番号制度

マイナンバーコールセンター


マイナンバー制度のお問い合わせは

このページに関する問い合わせ先

住民生活課
電話:0877-73-0101

問い合わせる