担当課: 地域振興課

介護ベッド用手すり(サイドレールなど)による死亡・重大事故が発生しています。

死亡事故の多くは、利用者の首がサイドレールとサイドレールのすき間や、ベッドボードとサイドレールのすき間に挟み込まれたことによるもので、平成24年度には、4件の死亡事故が発生しています(10月末時点)。  

危険な部分があるかどうかを確認し、正しい使い方によって未然に事故を防ぎましょう。

対応策

・クッション材や毛布などですき間を埋める  
・すき間を埋める対応品を使用する(対応品の内容については各ベッドメーカーにご相談ください)  
・サイドレール等の全体をカバーや毛布で覆う  
・危険な状態になっていないか、定期的にベッド利用者が目視確認を行う

※詳細は、消費者庁ホームページをご覧ください。


PDF1


PDF2


消費者庁ホームページ


このページに関する問い合わせ先

地域振興課
電話:0877-73-0122

問い合わせる