メインコンテンツにスキップ

担当課: 健康増進課

※令和5年度の定期接種対象者の助成期間は令和6年3月31日で終了します。接種がお済みでない方は、お早めにご検討ください。

肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し重症化を防ぎます。日本人の約3~5%の高齢者は鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。
まんのう町では、高齢者の肺炎を予防するため、高齢者用肺炎球菌予防接種料金の一部を助成しています。
接種を希望される方は、直接実施医療機関にご予約ください。

助成対象者

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種は、平成26年10月より65歳の方のみを対象に定期接種化されました。
多くの人に接種機会を設けるために、経過措置として65歳から5歳刻みの年齢の方も対象としておりましたが、この経過措置は令和5年度をもって終了となるため、令和5年度の対象者で接種がお済みでない方は、お早めにご検討ください。

【令和5年度助成対象者】
まんのう町に住民登録のある方で (1)または(2)の条件を満たす方

(1)下記の年齢の方


対象年齢 生年月日
65歳となる方 昭和33年4月2日生~昭和34年4月1日生
70歳となる方 昭和28年4月2日生~昭和29年4月1日生
75歳となる方 昭和23年4月2日生~昭和24年4月1日生
80歳となる方 昭和18年4月2日生~昭和19年4月1日生
85歳となる方 昭和13年4月2日生~昭和14年4月1日生
90歳となる方 昭和8年4月2日生~昭和9年4月1日生
95歳となる方 昭和3年4月2日生~昭和4年4月1日生
100歳となる方 大正12年4月2日生~大正13年4月1日生

(2)60~65歳未満の方で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(身体障害者手帳1・2級程度の方)

※過去に一度でも肺炎球菌ワクチン(23価肺炎球菌筴膜ポリサッカライド)の予防接種を受けたことがある方は対象外です。

案内方法

過去の接種履歴を確認し、対象者には詳細を個人通知しています。

実施期間

令和5年4月1日~令和6年3月31日(休診日を除く)

助成回数

1回限り

自己負担額

2,000円
※生活保護世帯または町民税非課税世帯の方は、接種の際、免除承認書を提示することで、自己負担金が免除され無料になります。免除承認書は、健康増進課(かりん健康センター)または福祉保険課、各支所、出張所にて申請手続きが必要です。申請の際は身分証明書をご持参ください。尚、同一世帯以外の人が申請する場合は、委任状も必要です。
※また、7月ごろ税務課から届く介護保険料の通知書で、非課税世帯の確認がとれる2ページ目のコピーを提示した場合も無料の取り扱いとなります。

免除承認書を得るための申請書、委任状はこちらからダウンロードできます。


接種方法

県内の実施医療機関へ事前に予約し、接種してください。(個別接種)
※下記医療機関以外で接種される場合は、広域用予診票が必要です。
 広域用予診票が必要な方は、かりん健康センター・福祉保険課・各支所・出張所までお越しください。


医療機関への持参物

・高齢者用肺炎球菌ワクチン接種対象者証明書(紫色、はがきサイズ)
・健康保険証
・健康手帳(接種証明を記入するため必ずお持ちください)
※健康手帳をお持ちでない方は、かりん健康センター・福祉保険課・各支所・出張所までお越しください。
・自己負担金2,000円又は費用免除に関する書類
(・広域用予診票(上記医療機関以外で接種される場合のみ))


このページに関する問い合わせ先

健康増進課
電話:0877-73-0126

問い合わせる

Acrobat Readerをダウンロード PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)