大滝大川県立自然公園は、本県はじめての県立自然公園として、平成4年9月14日に指定された。大滝大川県立自然公園は面積2363haで讃岐山脈の大滝山から竜王山を経て、県道琴南三野線にいたる地域及び大川山周辺の地域を公園区域としている。この地域は讃岐山脈の中でも最も標高の高い地域で、本県最高峰の竜王山(1059.9m)をはじめ、だ大川山(1042.9m)大滝山(946m)を擁し大滝山ブナ林や大川山のイヌシデ林などの貴重な自然が残され、また、数多くの昆虫や野鳥などが生息しており、県下で最も優れた自然環境を有する地域である。

Googlemapでみる


<小橋滝>同公園の八峰園地内にあり、町内一の滝である。この上流には、落差では町内一と言われる竜王滝がある。