担当課: 生涯学習課


 本町の「綾子踊」をはじめとする「風流踊」のユネスコ無形文化遺産登録への提案書が、令和3年3月末にユネスコ事務局に提出されました。

 今回提案された「風流踊」は、全国に所在する国指定重要無形民俗文化財のうち「風流」に分類される41件で構成されています。「風流踊」は、華やかな、人目を惹く、という「風流」の精神を体現し、衣裳や持ちものに趣向をこらして、歌や笛、太鼓、鉦などに合わせて踊る民俗芸能です。除災や死者供養、豊作祈願、雨乞いなど、安寧な暮らしを願う人々の祈りが込められており、祭礼や年中行事などの機会に地域の人々が世代を超えて参加するものです。全国各地の歴史と風土を反映し、多彩な姿で今日まで続いており、地域の活力の源として大きな役割を果たしています。  
 
 「綾子踊」は、恵みの雨を祈る雨乞い踊りとして、佐文綾子踊保存会により、長らく、熱心に保存継承されてきました。豊かな地域づくりを行う上で貴重な文化財であり、未来へつなげてまいります。


記録誌「綾子踊」刊行、販売中


このページに関する問い合わせ先

生涯学習課
電話:0877-89-7020

問い合わせる