担当課: 健康増進課

まんのう町特定不妊治療費助成事業【新制度】

まんのう町では、平成25年度から不妊治療を行う夫婦の経済的負担の軽減を図るため、不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)を対象として、治療費の一部を助成する事業を実施しています。
この度、国・県の制度改正に伴い、対象が拡充されました。
新制度では、令和3年1月1日以降に終了した治療が対象です。
令和2年12月31日までに終了した治療については、旧制度が適用されます。
旧制度、および国・県の制度内容については下記をご覧ください。


旧制度はこちら


厚生労働省ホームページ


香川県ホームページ

助成対象者

次の要件を全て満たす方が助成対象者です。
1.香川県特定不妊治療費助成事業の助成を受けていること
注)香川県への申請を事前に行って下さい。  
(1)特定不妊治療以外では、妊娠の見込みがない又は、極めて少ないと医師に診断された方
(2)県、政令市、中核市が指定する医療機関で不妊治療を実施した方
注)香川県特定不妊治療費助成事業の対象者は必然的にまんのう町の対象者になります。
2.婚姻関係(事実婚関係を含む)にある夫婦で、双方がまんのう町に居住し、住民基本台帳に登録されている方
注)但し、単身赴任等特別な事情が明らかな場合を除く
3.町税を完納していること
※治療開始日において妻の年齢が43歳未満(★)である夫婦
★妻の生年月日が昭和52年4月1日から昭和53年3月31日の場合は、44歳未満と読み替えます。(新型コロナウイルスの感染拡大に伴い設けられた特例)

対象となる治療

体外受精、顕微授精、特定不妊治療の一環として精子を採取する手術
配偶者間で行う医療保険が適用されない特定不妊治療
但し、卵胞が発達しない等により卵子採取以前に中止した場合は対象外
当該年度内に受けた治療が対象です。

助成金額と通算助成回数

特定不妊治療に要した費用から香川県特定不妊治療助成事業により受ける事が可能な金額を控除した額で、1回の治療につき10万円まで助成します。(年齢は、治療開始日における妻の年齢)
40歳(☆)未満:1子ごとに6回まで
40歳(☆)以上43歳未満(★):1子ごとに3回まで
☆妻の生年月日が昭和55年4月1日から昭和56年3月31日の場合は、41歳と読み替えます。
★妻の生年月日が昭和52年4月1日から昭和53年3月31日の場合は、44歳未満と読み替えます。
注)★☆の年齢要件の緩和は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い設けられた特例です。

申請受付期限

治療が終了した日の属する年度内に提出してください。
ただし3月中に治療が終了した場合などやむを得ない場合は、事前にご連絡ください。

申請に必要な添付書類等

1.まんのう町特定不妊治療費助成事業申請書
2.まんのう町特定不妊治療費助成事業受診等証明書または香川県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
3.香川県特定不妊治療費助成事業助成金交付決定通知書の写し
注)期間にゆとりのない場合は、申請書の写しの事前提出も可とします。
4.特定不妊治療を行ったことを証する医療機関の発行した領収書
5.町税を完納していることを証明する証明書(滞納のない証明書等)※夫婦2名分
6.   戸籍謄本または母子健康手帳等(過去に助成を受けた後の出産があり、出産前の助成回数をリセットされる場合)


提出様式はこちらです。



このページに関する問い合わせ先

健康増進課
電話:0877-73-0126

問い合わせる