琴南町・満濃町・仲南町合併協議会
トップページへ戻る ご意見・ご質問箱
協議会の紹介3町の概要協議の状況協定項目協議会だよりみんなの広場リンク
みんなの広場
   
合併Q&A
ご意見・ご質問箱
 合併Q&A
質問 市町村合併とはどのようなものですか?
 
答え  
市町合併には、新設合併と編入合併の2つの方式があります。
   
新設合併 新設合併
 
 A町とB町を廃してその区域をもってC町を設置する場合です。
 この場合は、A町とB町の法人格の消滅とともに、新しくC町の法人格の発生が伴います。
 合併後の市町の名称や事務所の位置は、新たに定めます。
   
編入合併 編入合併
 
B町を廃しその区域をA町に編入する場合です。
この場合、編入されるB町の法人格は消滅し、編入するA町の法人格は継続します。
合併後の市の名称や事務所の位置は、通常編入する町のものが引き継がれます。
質問一覧へ戻る
質問 なぜ今合併を考えるのですか?
 
答え  
今、市町合併が求められる理由としては、次のようなことがあげられます。
 
国や地方の危機的な財政状況
 
 バブル崩壊以降、長引く景気低迷の中、この10年間に景気回復を目的に多大な公共事業を続けた結果、国と地方を合わせた借金は平成16年度末で約719兆円に達し、そのうち地方公共団体の借金は、204兆円を超え、国も地方も危機的な財政状況になっています。
 さらに、今後も、地方交付税の減額や人口減少による税収の伸び悩みなども見込まれ、このような状況のもとで、市町村が現在の行政サービスの水準を将来にわたって維持していくためには、財政規模を大きくしながら、行政組織や財政面での合理化を進める必要があります。
 
少子高齢社会への対応
 
 全国的に少子高齢化が進んでおり、香川県では、全国平均を上回るペースで少子高齢化が進み、特に山間地域や島嶼部においては、人口減少や高齢化が急速に進行しています。
 このため、今後、働く人の減少により税収の減少が見込まれる中で、高齢者が増え、医療費や福祉関係の費用が増大することが予想され、これまでの市町村の単位では、必要なサービスの継続的な提供が困難になると思われます。
 
地方分権社会への対応
 
 市町村が国の指示や命令を待たずに、自らの責任と判断で行政の施策・サービスの内容を決定し実施していく、いわゆる地方分権が現実の歩みを始めています。
 そして、総合的に住民サービスの提供の責任を負う市町村には、地域の特性を十分活かした個性豊かで活力に満ちたまちづくりを実現していくことが強く期待されています。
 このため、『行政サービスは全国一律』という時代から転換し、近い将来、市町村の行政サービスの格差が大きく広がることになります。
 また、地方分権が進めば、市町村が行う事務が増え、人材や財源が不足することになります。
 
日常生活圏の広がり
 
 現在の市町村の形ができあがって約50年。社会は高度経済成長から、低成長・少子高齢化へ大きく変化し、情報通信手段の発達、道路網の整備、自動車の普及などにより、私たちの日常生活圏は大きく広がっています。
 そこで、それにあわせて、より広い範囲で、より効率的なまちづくりを考える必要があります。
 
質問一覧へ戻る
質問 合併のメリットは何ですか?
 
答え  
合併には様々な効果が期待できますが、具体的には次のようなことがあげられます。
 
経費の削減と財政力のアップ
 
・議員や首長や助役などの特別職、各種委員の減少により、経費が節減できます。
・一般的に人口17万人以下では、人口が少ない市町村ほど行政コストが割高になり、住民1人当たりの職員数も多くなります。そのため、小規模な町村が合併すれば、行政コストが削減できます。
・財政規模が大きくなり重点投資が可能になります。
 
利便性が向上
 
・戸籍や印鑑証明などの窓口サービスがオンライン化されることにより、これまでの窓口に加え、勤務地近くなど多くの場所でサービスが受けられます。
 
高度で多様な行政サービスが可能
 
・規模が大きくなり、福祉や土木などの分野で専門職員を確保できるなど、高度で多様な行政サービスが提供できます。
 
広域的で総合的なまちづくりが可能
 
 
・各市町村が独自で行っていた道路の整備や土地利用などについて、より広い範囲で総合的に考えることができるため、地域の一体的な整備が効率的にできます。
 
地域のイメージアップ
 
・各市町村の持つ自然や文化などを総合的に活用できるため、観光産業をはじめ様々な分野で統一的なイメージづくりが展開でき、地域の存在感の向上イメージアップが図られます。
 
質問一覧へ戻る
質問 合併のデメリットは何ですか?
 
答え  
行政と住民の結びつきが薄れ、住民の意見が行政に反映されにくくなるのでないか?
 
・地域から出る議員の数が減り、行政に意見が通りにくくなるとか、小規模な町村では役場の職員と住民が顔見知りであるが、合併して大きくなると、知らない職員が増え不安になる。
 
役場が遠くなり、不便になるのでないか。
 
・合併すれば、現在の役場が残るのか不安。また、支所として残っても、今までどおりの住民サービスを受けられるのか不安。
 
地域の個性や特徴が失われるのではないか。
 
・合併すれば、愛着のある地名が無くなるのでないか。今まで行われてきたお祭りはどうなるのか。
 
中心部だけが良くなり、周辺部が取り残されるのでないか。
  
 
・合併すれば、人口の多い中心部に施設整備を行いさらに人口が増加するが、周辺部はかえって寂れるのでないか。
 
合併後にサービスが低下したり、利用料金が高くなるのでないか。
 
 
・合併前の市町間で行政サービスの格差がある場合、かえって、合併後にサービスが低下したり、利用料金が高くなるのでないか。
 
質問一覧へ戻る
質問 3町はこれまでに、合併したことがありますか?
 
答え  
琴南町の変遷
琴南町の変遷
 
 
満濃町の変遷
満濃町の変遷
 
 
仲南町の変遷
仲南町の変遷
 
質問一覧へ戻る
 
前のページに戻るこのページの頭に戻る
琴南町・満濃町・仲南町合併協議会 〒766-0022 香川県仲多度郡満濃町大字吉野下430(満濃町役場3F)
TEL:0877-73-0330