満濃池の龍
平安時代の中ころに書かれた「今昔物語」巻二十の第一に「竜王、天狗のために取られたる物語り」としても描かれた満濃池の龍伝説は、この地で古くから語り継がれてきた、海とも見える大池の神秘を物語るお話です。

※昔話アニメーションをご覧いただくにはフラッシュプレイヤーが必要です。